豆知識標高

山岳地帯のコーヒー栽培では、コーヒー豆が育つ場所の標高が高いほど、品質が高くなる傾向があると言われています。その主な理由として、「日中と夜間の寒暖差」が上げられます。通常、コーヒーの木は、昼間に日光を浴び、光合成を行い、エネルギーを蓄えます。その蓄えたエネルギーは、コーヒーの木の生育活動に消費されます。

昼間
夜間

ただし、高地のように夜間、気温が下がる場所では、コーヒーの木が大切なそのエネルギーを消費せず、蓄えようとします。気温が低いことにより

  1. 1低地と比べ、呼吸や生育活動を抑えるために、基礎代謝が下がる。
  2. 2種子である、コーヒー生豆に養分を蓄えようとする。
  3. 3耐寒性を高めるため、糖質を多く蓄える。
  4. 4低い気温により、コーヒー生豆は固く引き締まる。

など、良質なコーヒー栽培にとって重要な要素となります。

高地

なぜ標高が高いと気温が低くなるのか。

  1. 標高が高いと圧力が低くなり、空気が膨張して温度が下がる。

高度が100m上がるにつれ、気温は0.6℃下がると言われています。

ただし、コーヒーの生育条件は、日中18℃〜25℃、夜間の気温が下がっても5℃程度までとも考えられています。あまりに標高が高すぎる、気温が低すぎる場合は、霜がおりてしまうなど、コーヒーの木の生育に支障をきたすため、高ければ高いほど、良いわけではありません。

◎標高が高すぎる場合:
気温が低くなりすぎる/紫外線による葉焼け/水の確保
◎気温が低すぎる場合:
霜がおりる/生育が遅くなる