ブラジル ベレーダ

力強く大きく育ったイエローチェリー

ブラジル ベレーダ
エリア セラード
標 高 960〜1,050m
品 種 アララ
精 選 ナチュラル
味わい シナモンのようなやさしい香りとココナッツのような甘さ、メイプルシロップのような口あたりを活かした味わいに仕上げました。
ブラジル ベレーダ 地図

農園トピックス

ブラジルスペシャルティコーヒー協会(BSCA)の初代会長のDavid Ottoniさんが1987年から、コーヒー栽培を開始したベレーダ農園。
現在は三男のCarlosさんが農園を管理しています。
この農園はセラード地域の中でも南西部に位置し、緑が豊かな地域で比較的、早い時期から品質に主眼を置いたコーヒー栽培をしており、収穫時の熟度管理、丁寧な乾燥に力を入れています。

《アララ(ARARA)種》

アララ種はカトゥアイとオバタンの自然交配種です。果実は黄色で、ブラジルのほかの一般的な品種と比べ、成熟に要する期間が約2ヶ月も長く、さび病にも抵抗力を持ち、寒さにも強いといった特徴を持ちます。
比較的新しい樹種で、黄色く非常に大きい果実が育ちます。