パナマ ドンぺぺ ティピカ フリーウォッシュド

昔ながらの精選方法

パナマ ドンぺぺ ティピカ フリーウォッシュド
エリア ボケテ地区
標 高 1,500〜2,000m
品 種 ティピカ
精 選 フリーウォッシュド(ウォッシュド)
味わい すずらんのような香りとマスカットのような明るい酸味、ココナッツのような甘さとシルキーな口あたりを活かした味わい。
パナマ ドンぺぺ ティピカ フリーウォッシュド 地図

農園トピックス

ドンペペ農園は、パナマ西部のチリキ県、ボケテ地区にあります。バル火山の山裾のボルカンシートと呼ばれる標高の高いエリアです。ボケテ地区は入り組んだ土地であり、狭いエリアの中にいくつものマイクロクライメート(微小気候:コーヒー農園の狭い範囲での微細な気候や土壌などの環境条件の差異のこと)が存在するといわれています。日中の最低気温は12〜13℃、最高気温は26〜27℃と寒暖の差が激しく、降水量は年間2,000〜3,000 mm程度あり、日当たりや風通しも良いため、良質なコーヒー栽培に適した環境といえます。

ボケテ地区でコーヒー栽培が始まったのは、1870〜90年頃と中米でも遅い時期です。 パナマでは主に欧州の移民が、牧畜の傍らコーヒー栽培を始めるケースが多く、中米にしては珍しく、比較的大規模な農園が多くみられます。ドンペペ農園が開拓されたのは1899年で、以来6世代にわたって高品質コーヒーの生産に取り組んでいます。

精選方法のフリーウォッシュドはコーヒーチェリーの果肉を剥いた後、発酵槽に漬けることで、パーチメントコーヒーに付着するぬめり(ミューシレージ)を除去する方法です。また、機械でミューシレージを除去するメカニカルウォッシュドと呼びます。

ドンペペ農園と小川珈琲

小川珈琲がドンペペ農園との取り組みを開始してから10年以上が経過しました。2008年にドンペペ農園を初めて訪問し、当時生産されていた特徴的で濃厚な甘い風味を持った素晴らしいコーヒーと、5代目農園主だったアントニオ氏のコーヒーへの情熱がきっかけで関係がスタートしました。農園主がご子息に変わった今でも小川珈琲との関係は続き、協力し合って品質の安定と向上を目指しています。

栽培品種 ティピカ

ティピカはアラビカ種の中で最も原種に近い品種です。ブルボン、ケント、カトゥーラ、マラゴジッペなどさまざまな栽培品種が誕生しました。そのため世界のアラビカ種の遺伝的にも栽培的にも重要な品種とされています。樹高が高く、収穫量は多くはありません。また、さび病には弱いものの、低温に耐性のあることが特徴です。