ブラジル ダテーラ プロット プロジェクト
ピーベリー ナチュラル

“完全完熟”の追求

エリア セラード
標 高 1,100m
品 種 アラモサ
精 選 ナチュラル
味わい
ドライイチジク・クルミ・ブラウンシュガー

販売終了

ブラジルの名門ダテーラ農園と小川珈琲が
2015年より始動させた共同プロジェクト

ダテーラ農園は、世界一のコーヒー生産量を誇るブラジルの中でも良質なコーヒーを生産する事で世界的に広く知られています。同農園にはコーヒーに関する知識や経験を豊富に持っているコーヒーバイヤーが世界各国から訪れます。ダテーラ農園では彼らの力を借りることで、消費者からのニーズに応え、消費者に喜ばれる品質のコーヒーを継続的に提供するための新たなプロジェクトを始めました。

これまでブラジル国内で伝統的に行われてきたコーヒーの栽培・生産方法に捉われず、様々な生産方法や、まだ広く認知されていない画期的なアイデアなどを広く吸収し、ブラジルコーヒーの新たな価値を見出そうとしました。また、バイヤーを通じて、消費者が求めるコーヒーの品質を理解しようと試みました。

そこでダテーラ農園は各国の企業に呼びかけ、コーヒーに関する知見が特に豊富だと判断した企業(各国1~2社)に協力を要請し、この試みに共感し手を挙げた企業の中から、実際にプロジェクトを進めることのできるパートナーを2社選抜しました。その1つに小川珈琲は選ばれました。

このプロジェクトではダテーラ農園における広大な農地から具体的な栽培区画を指定し、栽培品種、収穫時期、精選・乾燥方法に至るまで、全ての行程をバイヤーのリクエストに沿う形でコーヒーを生産します。こうして出来上がったコーヒーの感想をダテーラ農園へフィードバックし、翌年さらなる品質改善につなげ、試行錯誤を繰り返します。農園やロースターからの一方通行ではなく、お客様の実際の声を収集する事で、ダテーラ農園としても小川珈琲としても本当にお客様が求める品質のコーヒーを追及する事が出来るのです。

Natural  “完全完熟”の追求

完全完熟をコンセプトに、色合いと糖度を指定しチェリーを摘み取ります。収穫したチェリーは、精選工程で選別を重ねます。乾燥工程では時間や水分値を具体的に指示してこまめに撹拌することで、長く残る甘さと透明感を追求したコーヒーです。

販売終了